2021年4月9日金曜日

緑の季節

桜が散って、新緑の季節になりました。

桜は本当に美しく、どなたにとっても思い出深い花だと思います。

私には美しすぎてまぶしすぎて、花が散って、なぜか少し、ほっとしました。

幸福を感じた日

 尾道での個展で展示のお手伝いをしてくれた後輩の方が、用事で香川に来ることがあったので、3月末まで作品を展示してくれていたカフェでお茶をしました。

顔見知りになったカフェの方に挨拶をし、その方が入れてくれたお茶を飲んで、後輩の方と先日の尾道の話や昔話、最近のことなどを話しました。

その帰りに、先日絵画ワークショップに参加してくれた方がお仕事されているパン屋さんに寄って、サンドイッチをいただいて帰りました。

自分の作品を知ってくれている方が作ってくれたお茶や食べ物をいただいて、知っている方に囲まれて、幸せだなぁと思いました。


2021年3月8日月曜日

作家さんの版画の作品

 オンラインショップで作品を購入するって、どんな体験なんだろうと思い、自分も以前から気になっていた作家さんの版画作品をオンラインショップで購入してみました。

作品が手元に届き、作品と対面すると、本物であることに(あたり前ですが)感動しました。その作品を作った作家さんの人生の時間の一部をいただいたような、責任を感じました。

以前作品をご購入くださったかたがお手紙をくださり、

作品を買うということは、その作品を作家さんから預からせていただくことだと思います。

とおっしゃっていたことを、実感することができました。

作品作りはこれからも心を込めて行いたい、と思いました。

2021年2月28日日曜日

オンラインショップ公開の最終日となりました。

 あっという間に最終日を迎えました。

このブログやツイッターで見てくださった方に、このような形で展覧会をお届けすることができてとてもうれしく貴重な体験をさせていただきました、ありがとうございます。

思い返せは、I氏賞の助成金をいただけたことがきっかけで、やってみよう、と思った展示でした。あと昨年から関わらせてもらっている瀬戸内アートコレクティブの活動で、展示や撤収を短期間に何度か繰り返したので、とてもスムーズに展示まで行動することができました。瀬戸コレに誘ってくださった作家さん、皆様、ありがとうございます。

エクリュの森の方とも偶然のタイミングが重なり、オンラインショップという形も同時に実行することができありがたかったです。

何を書いても、感謝を表現しきれません、本当に、ありがとうございます。


2021年2月27日土曜日

あと2日です。

 あっという間にもう2月末、オンラインショップの公開もあと2日となりました。

最近は日中実家の菜の花出荷作業をしています。暖かくなると花が咲いてしまうので、天候と時間との勝負です。菜の花のパック詰めをしていると、少し前まで尾道で個展していたことが、もう懐かしいです。多くの方にお目にかかって、オンライン上でもたくさんの方にご覧いただけて、自分は田舎に住んでいるけれと、とても世界が広がった、夢のようなひとときでした。


2021年2月23日火曜日

オンラインショップ公開終了まであと少しになりました。

 展示が終わって、少し日常が戻ってきました。

この暖かさのおかげで、実家の菜の花が急激に成長、自分も少しですが出荷のパック詰めを少しお手伝いしています。

家の倉庫で作業していると、先週は尾道で個展してたことがまるで夢のようです。

展覧会といいますのは、やはり作者にとって特別な時間なのだと思います。いろいろな出会いがあり、発見があり、反省などもありつつ、また前に進める原動力をくれます。日常の平穏な土台があるからこそ、制作できるのだなとも再認識しました。

GALLERYエクリュの森に作っていただいた今回の展示のオンラインショップページの公開が、2月末までとなっています。ギャラリーといろいろと試行錯誤しながら制作し、作品コメントなども各作品に書いたので、見られなくなるのは少しさみしいですが、展覧会同様、期間限定だからこその特別感があります。

この機会にぜひご覧いただけたら幸いです。どうぞよろしくお願いいたします。